FC2ブログ

[RRAS} RRASサーバによる動的IPの割り当て

 Windows Server 2003 では、RRASサーバから、RRASクライアントに対して動的なIPアドレスの割り当てが可能である。


 しかし、このRRASサーバによるIPの割り当ては、スコープオプションを含めた設定等には対応していない。


 このような場合は、RRASサーバをDHCPリレーエージェントに設定し、サイト内にDHCPサーバを構築する必要がある。


 なお、RRASサーバによってIPアドレスの発行を受けたRRASクライアントには、サブネットマスクの設定が存在しない。これはすべてのTCP/IP通信がRRASサーバを経由するため、RRASクライアントとしてサブネットマスクを持つ必要がないためである。(要するに外部ネットワークと接続する際のネットワーク照会が不要となる)

スポンサーサイト



FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

tag : RRAS スコープ DHCPリレーエージェント

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
いろいろリンクボタン
埋め込みe-Words