FC2ブログ

[Other] トップがこれじゃ・・・、つづき

> > 「IT技術者はやりがいがある仕事か」---学生とIT産業のトップが公開対談:ITpro 
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080528/304458/ 

>  しかし学生からは「10年耐えられる人もいるかもしれないが,心が折れる人もいる」「10年たてば環境や必要なスキルは変わっているのではないか」と反論。「10年我慢して働くという人は挙手して」という司会の呼びかけに,手を挙げた学生はいなかった。  
> 
>  西垣氏は「商社くらい変動している産業はない。IT産業も変動している。変動に対応した仕組みを作っているところが勝つ。その底辺に流れているのが『10年』」と意図を説明した。 

 意味不明w
 会話しろ会話w


>  「働いてみたい企業は」という問いに,IPAの未踏プロジェクトで天才プログラマ/スーパークリエータに認定された慶應義塾大学大学院の斉藤匡人氏は「自由度,決定権があること」を挙げる。斉藤氏は「Googleと話していると,いいものを作ったら世界に展開するチームをつけると言われる。10年我慢しろと言われるより,君の技術力が欲しいといわれるとグラッとくる」と話す。また「すごい人と一緒に働けることがやりがい。そういう人がいないと魅力を感じない」(斉藤氏)。 

 経営者であれば、一方で「平凡な」技術者も雇うことを考えなければならない、少なくとも現時点ではそうしている。
 この斉藤氏はというと、「スーパークリエーター」であるがゆえに、自分基準でしかものを考えていないんだろうな、とは思う。
 こういう人間が社長になると、ワンマンになって下につくと相当仕事が辛いんだろうな。そして、商品がヒットするかしないかはほんとうに運次第。


 電通のある腕利きCMプランナーは、CMプランナーとして一流となるために、入社時に敢えて営業への配属を願い出たらしい。
 ITの世界で言われるようになったのはここ数年のことであるが、顧客志向を早くから鮮明に打ち出したがために、我々の記憶にも強く印象の残っているCMを手がけることができたのだろう。


 しかし、十年も我慢していたら、入社当時は最先端にキャッチアップしていたはずの技術者が、いつしかレガシーシステムで塩漬けになってしまうという危険がある。
 それはそれで、非常に由々しき問題であり、見過ごせない。

 そしてこの討論会に出席したパネリストたちは、それに対する答えを用意できていない時点で、残念ながらパネリスト失格と言わざるを得ないのである。

 

>  西垣氏は「数として欲しいのは,金融システムなど企業の大型システムに従事する人間。こういった領域では,個人の能力よりは業務ノウハウが重要。プログラマとして優秀であっても,業務を理解しないと,よいシステムができない。技術だけを評価して処遇することは企業としては難しい」と答えた。「天才プログラマのように技術を極めるのであればそれを生かす道に行くべきであって,企業に入って大型システムを開発するのはもったいないか向いてない」(西垣氏)。 

 これ、なんか負け惜しみにしか聞こえねぇぞ。
 「日本にはPMを頂点とする、技術者の職制カーストがあります」と宣伝しているようなもんじゃねぇか。

 もう一度引用。

>  西垣氏は「商社くらい変動している産業はない。IT産業も変動している。変動に対応した仕組みを作っているところが勝つ。その底辺に流れているのが『10年』」と意図を説明した。 

 @ITの記事の方で取り上げられている
「プログラマからエンジニア、プロジェクトマネージャになっていく中で、仕事というのは少しずつ見えてくるものだ」
という発言を参照。

 PG⇒SE⇒PMなんて、『10年』前のキャリアパスそのものじゃないか。
 「ごめんなさい。IT産業は変動していません。」という逆宣伝をしたいのかこのオッサンは?

 

 次は、池田信夫氏の見解。

> > 10年は泥のように働け 
> > http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/71999ea2fc0f85fdd89d7f516975bcda 

> これは伊藤忠の丹羽宇一郎会長の言葉で、このあと「最後の10年はマネジメントを大いにやってもらう」と続くそうだが、これじゃ霞ヶ関の役人と同じだ。若いときは「雑巾がけ」で会社にご奉公し、年をとってから楽なマネジメントで取り返すという徒弟修業型のキャリアパスは、組織が永遠に不変で、自分がそこに定年まで終身雇用で勤務するという前提でのみ成り立つインセンティブ・システムである。 

> 。労働者の技能がポータブルになるため、長期的関係にロックインできないからだ。ところが経営者の頭が、いつまでもムラ的発想を抜け出せないから、日本のコンピュータ産業は中国やインドにも抜かれ始めているのだ。 

> それなのに、経営者がそれも自覚していないばかりか、若者に丁稚奉公を説教する現状は、きのうの記事のアップルと比較すると、絶望的というしかない。 

 「十年我慢」したところで、「会社の安定」も「技術者としてのステップアップ」も約束されていないのである。
 なぜなら、技術の革新はその十年と言うサイクルの間に何回も、何十回も起こっているからである。
 「十年我慢」した挙句、「ロートル」と蔑まれるようなリスクを、誰が好んで取るというのか。

 

 

スポンサーサイト



more...

theme : ITニュース
genre : ニュース

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[Project][有害] トップがこれじゃ・・・

 日記というか、ぼやきというか。
 「覚え書き」用のこっちのネタでは本来ないのだが。


◎今年もやってたみたい

> > 「10年は泥のように働け」「無理です」――今年も学生と経営者が討論 - @IT
> > http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/28/ipa.html

> 5月28日、IPAが開催したイベント「IPAX2008」で、再び経営者と学生の討論会が行われた。IT産業が国際的な飛躍をめざすために学生に期待することが今年の討論のテーマ。


 前回の討論会もそれはそれは香ばしい内容になっていたわけだが、


> > IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ - @IT
> > http://www.atmarkit.co.jp/news/200710/31/ipa.html


> 「3Kの“帰れない”は、帰りたくない人が帰れないだけ。スケジュール管理の問題だ。私は40年間近くIT業界で仕事しているが、何が一番幸せかというと退屈している暇がないことだ。技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくるが、一生懸命追いかけていくだけでも退屈しない。いい仕事を選んだと思う」と自らの仕事を振り返りつつ、学生に反論した。


 これはTIS社長の発言。

 ザ・アールの奥谷冷酷と同じ。「過労死は自己責任」と言い放った、ピンハネ屋のやり手ババアとしておなじみのアイツです。


 結局のところ「カイゼン」の抱える自己欺瞞欺瞞というやつで。
 従業員が「勝手に」やっているのだから、会社は関係ない。でも、アガリはまるっと頂戴するぜ、というやつでさ。


◎どっちもどっちの面はある、だけどねぇ

 前の討論会の話題はあれくらいにして、今回の討論会の内容から。


> 、「そうはいっても上の人が教えてくれないじゃないかという声があるが、こっちだって忙しい。聞きに来なさい」と回答すると、学生からは「できれば教えて欲しい」「自らポジティブなビジョンを提示する人の方がいい」「忙しいから聞きに来いという人に会社や社員がコントロールできるのか」などの反発も見られた。


 これって、ある意味どっちもどっちといえるわけで。
 新人からしたら、どこにそんなゆとっている余裕があるの?という話だが、上司にすれば作業を言い訳にして後進育成の手を抜くのはよくないだろ。

 成果主義の導入が、個人レベルの生産性「のみ」を評価の対象としたため、後進育成は「作業ができない」「将来のライバルに塩を送ることになる」といった理由で後回しにする傾向が見られるようになった。



 毛沢東と指の逸話である。

 こんなところでのうのうとヨタ話をしている暇があるんだったら、WLBとやらのための施策でも考えるとか、後進育成にプラスに働く環境の整備に着手したらどうかと。

 けっきょくのところ、トップダウンで手を打たない限り技術の伝播も蓄積もできねぇだろ、という苛立ちを、私はITSSの高度IT人材の定義に見た。
 つまり、高度IT人材の使命として、後進の育成というのを全般的に定義する。そして、その仕組みを持ったITSSを各企業の職制を考える上での下敷きにしろ、と言っているわけだ。

 「カイゼン」って、現場に丸投げしてるだけなんだって。いや、プロセスの改善そのものは現場でやるしかないのはわかりきっているんだが、上が予算もリソースも権限もなにも用意せずに、ただコストの縛りをかけるとか、失敗の責任だけはとらせるとか。



more...

theme : ITニュース
genre : ニュース

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[Project][有害] ま~だ「カイゼン」が大手を振ってまかり通る現状

 「カイゼン」がいかに日本の労働状況を歪め、産業の「イリオモテヤマネコ」化を引き起こしてきたか。
 「イリオモテヤマネコ」は「貴重ないきもの」である。「貴重ないきもの」であるがゆえに高値で取引されるわけだが、「イリオモテヤマネコ」を保護するために「カイゼン」すべし、とする論には我慢がならない。



> > 第43回 経費をかけず,組織を熱くし,企業の力を高める:ITpro
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080522/303806/

>  2007年版 情報サービス産業基本統計調査のデータから推定するに,中小ベンダーの利益率は良くて2%未満。研究開発投資,教育投資はいずれも売上高の0.5%未満と考えられる。中小ベンダーでは,『従業員1人当たりの売上高が低い→利幅が薄い→技術・教育投資ができない→技術レベルやマネジメント・スキルが向上しない→企業能力が低迷する』というサイクルが,残念ながら定着していると考えている。中小開発ベンダーの弱体化は,IT業界全体にとっても地盤を揺るがす由々しき問題である。

 人月商売、人貸しの宿命であって、「人数という名のコスト」を管理するために、個々人単位で作業にアサインされるようになっている現状。
 すると、本来リーダークラスの人材であっても、「いち兵隊」として動員されるケースが必然的に増えてくる。
 「偽装請負」が社会問題化した結果、派遣契約への切り替えが進められれば、その分偽装でない請負も派遣契約への切り替えが進められる。

 スキルアップは一方でリスクを伴う。「派遣でスキルアップ」というのはある種のリスクヘッジであって、万能薬でないことは論を俟たない。
 リスクは一般に、ストックされた中で損失をカバーできる状況でなければ取られない。組織がリスクを取らなければ、個人がそのリスクを負うことになる。

>  この経験から,中小のソフト開発ベンダーに今できることを考えた。ヒントになったのは,日本企業が得意としてきた「カイゼン」のような集団活動だ。中小のソフトウエア開発の現場で「カイゼン」を目的とした集団活動の例をほとんど聞いたことがなかったが,集団活動により「3人寄れば文殊の知恵」「組織としての能力を高める」といった効用が得られることを期待した。

 「カイゼン」をするのはどうぞご勝手にであるが、えてしてその「カイゼン」のためのコストを個々人の手弁当に依存すると言う構造的欠陥が根深く宿されている。
 「○○会をはじめるぞ!」という社長サマの鶴の一声で動員をかけるのは結構であるが、どこぞの山村の町内会長が趣味で企画したドジョウ掬い大会のように、不参加の町民を村八分にするとか、そういったペナルティを課すようでは話にならない。

 例に挙げたドジョウ掬い大会などは、もはやたんなる町内会長の趣味である。
強権を振るって趣味を押し付けるようでは「カイゼン」どころか「カイアク」ではないか。

 「カイゼン」を金科玉条としている限り、あるいは「カイゼン」は世界に誇る日本の平和の象徴とか、世界遺産に登録しようなどというカルトな考えは捨て去った方がいい。
 いや、世界遺産については「遺産」である点については同意であるが。
 「カイゼン」がある限り、過重労働が改善される日は来ないのである。

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[Develop][Ajile] アジャイル手法の弱点…性能要件の量的拡大への対応

アジャイル手法は一般に「変化に強い」ことをそのウリとしているが、この「変化に強い」にも限界というものが当然存在している。
その一つの例が、性能要件の量的拡大である。

アジャイル手法は、設計・実装の時点、現サイクルのスコープ内では、必要とされている以上のスペックをそれこそ『ムダに』叩き出すための高度なコードをスクラッチ開発することは推奨していない。
スコープを小さくして、スコープ内で集中的に取り組むことが、タスク単位での生産性を上げる秘密になるわけだが、性能要件のような個別モジュールからだけでは見えにくい要求について「全体最適」を留保するのは難しく、結果的に局所的な最適化が全体のスループット低下の原因となることもあり得るわけだ。

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

tag : アジャイル 全体最適

フロー状態(1)

 フロー状態というのは、何ものにも邪魔されず目の前の作業に没頭する状態のことだ。
 一流のプロスポーツ選手や、一流の芸術家たちは、このフロー状態を意図的に作り上げる、あるいは維持することによって、高いパフォーマンスを発揮できるという。

 このフロー状態と言うのは、「頑張る」とか「気合を入れる」といった類のことではないので、「気が散っているのは精神がたるんでいるからだ」と頑固オヤジが怒鳴りつけたところでよい状態になるというものでもない(むしろ、この手の頑固オヤジは、しばしばフロー状態の障害になる)。

 

> > つくばに住んでるベンチャー社長のブログ ≫ Blog Archive ≫ フロー状態
> > http://blog2.logosware.com/archives/133

> このような至高体験を芸術家やスポーツ選手だけに味あわせておくのはもったいない。
>
> 私たちも仕事の中で体験できるはずだ。
>
> 雑念を捨て、集中しよう。
>
> 会社は社員がフロー状態に入って仕事ができるような環境を整えよう。 完全な環境を作ることは難しいかもしれない。 電話を完全に拒絶できないし、他人が話しかけるのを完全に拒絶はできないから。 しかし、無意味に集中を妨げているものはあるはずだ。 それを排除しよう。

 フロー状態というのは、目の前に目標が明確に設定されていて、そこに専念するための物理的、メンタル的な条件が揃っていて、かつ外部からの割り込みが入ってこないなどのいくつかの条件が必要らしい。
 狭い閉鎖的空間に、疲れきった同僚や声のでかい上司といっしょに詰め込まれていたり、常に電話のプレッシャーがあるとか、内線PHSを持ち歩かない隣の席の見知らぬ人間のために電話応対を強要されるような状況では決して到達できない状態である。

 これは過去の体験とか愚痴の類ではない。決してそうした類のものではない。

more...

theme : システム開発
genre : コンピュータ

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

tag : フロー状態

ジンクス

> > 三菱東京UFJ銀でコンビニATM提携に一部障害、システム統合の影響か:ITpro
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080512/301306/

 このトラブルについて、特段述べることはない。
 ただ、

> > 6000人が作ったシステムは必ず動く:ITpro
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080423/299886/

> ここまで書いて急に不安になってきた。「厄病神の告白,『私はシステム事故を招く』」に書いた通り,筆者が特定プロジェクトに言及すると必ずよくないことが起きるからだ。6000人に迷惑をかけては申し訳ない。手遅れかもしれないが,これから5月の切り替え日まで,静かに成功を祈ることにする。

 このジンクスはイヤすぎる。
 私の関わる業務周辺には絶対に近づいてきてほしくない。


> > 疫病神の告白,「私はシステム事故を招く」:ITpro
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20071022/285077/

theme : トラブル
genre : コンピュータ

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
いろいろリンクボタン
埋め込みe-Words