FC2ブログ

[Development][VMS] Subversionで作ったリポジトリを統合する

 Subversionで管理している複数のリポジトリがあるわけですが、よくよく考えてみたら共通のヘッダファイルを使っていたり、お互いの情報を相互に参照する必要があったりで、別々に管理していると言うのはじつに効率が悪いということに気がついたわけです。

 参考文献の「Subversion実践入門」にも、よくよく読み返したら「リポジトリは特に理由がなければ分けないほうがいい」といったようなことが書いてあります。


 方法については、以下の参考資料に詳細を譲るとして、リポジトリの内容を移し変えても変更の履歴のトレーサビリティは維持されるということなので、やってみることにします。
(ただ、古いリポジトリから引き継いだ、入れるだけムダで容量を食うコンパイラの中間ファイルなんかもそのまま持ってくることになるみたい。)


(参考資料)

(1)Subversion リポジトリの再構築をする ≪ ZerockBlog

(2)Subversionの続き履歴を残したままリポジトリ間でファイルを移動 - StepupEngineeringはてな支店



                                               
Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
(2007/04/21)
Mike Mason

商品詳細を見る
スポンサーサイト



FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[jhomework-2008-01-11-セキュアド向け][jhomework-2008-01-11-セキュリティ向け]

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 JIS Q 9001 (IS0 9001) で内部監査について規定していることはどれか。

 ア 内部監査では,品質マネジメントシステムが定められたとおり正しく機能しているかどうかを,予告することなく不定期に確認する。

 イ 内部監査では,品質マネジメントシステムの効果的な実施と維持,個別製品の実現計画や規格要求事項への適合を確認する。

 ウ 内部監査は,社内のシステム監査部門又はシステム監査技術者が行う。

 エ 内部監査を実施する前提条件として,IS0 9001 に基づく品質マネジメントシステムの審査登録が必要である。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 この記事は、斉藤末広氏発行「宿題メール」を元に作成されました。

more...

theme : 情報処理技術者試験
genre : コンピュータ

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

tag : 情報処理 システム監査

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
いろいろリンクボタン
埋め込みe-Words