FC2ブログ

[Storage] ハードウェアRAIDの一般的機能

 ハードウェアRAIDは、一般にソフトウェアRAIDより高速とされているが、それ以外にも下記のような機能に対応している製品が多い。

ホットプラグ/ホットスワップ
...
ホットスペア
RAIDのクラスタに未使用のHDDドライブがあれば、クラスタ内のHDDに障害が発生した場合に未使用のHDDを含めてRAID構成を再ビルドできるようにする仕組み。
キャッシュ
数MB、あるいは128MB以上備えている製品も。ディスクキャッシュの他に、パリティ生成用のワークエリアとしても使用されていることがある。
OCE(Online Capacity Expansion
RAIDを停止させることなくHDDドライブを追加し、ストレージを拡張できるようにする機能。
ORLM(Online RAID Level Migration)
RAIDを停止することなく、RAIDレベルを変更する機能。

 Windows系OSでは、標準でハードウェアRAID用のデバイスドライバを備えていないため、システム/ブートパーティションにするにはベンダーのデバイスドライバを別途FDなどで用意し、セットアップ時にF6キーを押下してデバイスドライバをロードさせなければならない。

 また、W2K以降のソフトウェアRAIDはダイナミックディスクのみの対応なので、USBやFireWireのHDDをホットスワップ/ホットプラグしてRAIDストレージを拡張するような使い方はできない。

スポンサーサイト



FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[HardWare][Network][I/F] アダプタロードバランス

 サーバ用途向けなどでNICが二枚差してあるとき、通常はそれぞれを別のネットワークに接続し、機器はそのネットワーク間を接続するルータやファイヤーウォール、RAS/VPNの受け口やゲートウェイなどに使用する。

 Windowsのサーバの場合、[ネットワーク接続]を開き、たとえば既定では[ローカルエリア接続]という名前になっているNICのプロパティを右クリック、[ブリッジ接続]を選択してもう一枚のNICのプロパティと連携させることで、二つのネットワーク間を相互接続させることができる。


 しかしアダプタロードバランスにおいては、二枚のNICに同じIPアドレスを設定した上、チーミングといって二枚のNICを同一のグループ内に収容することで、トラフィックのロードバランスを実現したり、一方が故障した場合にフェールオーバーさせるようにする技術である。

 トラフィックの改善という意味では、MIMO(Multi Input Multi Output)や、リンクアグリゲーションといった概念と通底している。


 ところで、このアダプタロードバランスにも、一つの制約がある。

 それは、チーミングされたNICの中から一枚のNICをプライマリという指定にして、データの受信にかんしてはそのNICに集中させなければならない点である。

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[Hardware] フラッシュメモリ

> ■フラッシュメモリ
>  フラッシュメモリには構造により、NAND型フラッシュメモリとNOR型フラッシュメモリがあります。NOR方フラッシュメモリは、主にシステム用のメモリに利用されています。NAND型フラッシュメモリは携帯電話、PDA、デジタルカメラ、USBメモリなどとして利用されています。

> (word)NAND
> 東芝が開発したフラッシュメモリ技術。消去や書き込みの速度が速く大容量化に適した仕様となっている。しかし、ブロック単位での読み書きしかできず、ランダムアクセスが遅いという欠点がある。

> (word)NOR
> Intel社が開発したフラッシュメモリ技術。読み出し速度が高速で、高速ランダムアクセスが可能である。しかし、NOR型フラッシュメモリは高集積化に向かず、書き込みに大きな電流が必要という欠点がある。

 ((株)ウチダ人材開発センタ著『CompTIA認定資格受験シリーズ A+COMPLETEテキスト IT Technician Desination編』DAI-X出版.p.85、2008.1)


 フラッシュというのは、光(flash)ではなくて、洗い流す(flush)が語源。



A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)
(2008/01)
ウチダ人材開発センタ

商品詳細を見る
FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[HardWare][Memory/Storage] Registeredメモリ

> Registeredメモリは、Registered Bufferという各信号のタイミングをクロックに合わせたり、電気信号の電流を増幅したり信号波形を整形したりするチップを搭載し、アクセスを安定して行うことができます。この機能により、1本のメモリバスに装着できるメモリ数を増やすことができます。
>  ただし、Registered Bufferが追加されている分、遅延が発生するため、通常のメモリに比べて遅くなります。
> Registeredメモリは、大容量のメモリを安定して運用する必要があるサーバなどで利用されます。Registered Bufferを搭載していない通常のメモリをUnbufferedメモリといいます。

 ((株)ウチダ人材開発センタ著『CompTIA認定資格受験シリーズ A+COMPLETEテキスト IT Technician Desination編』DAI-X出版,p.64、2008.1)


 メモリからの読み取り、書き込みは結局のところ電気信号をやりとりしている。その電気信号のやりとりというのは波形、つまりタイミングによって成り立つ。タイミングを合わせるために「せーの」というかけ声をかけるのがbufferだから、bufferがある=遅延するという公式が成り立つ。



関連ワード : CompTIA A+

A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)
(2008/01)
ウチダ人材開発センタ

商品詳細を見る
FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[HardWare] SLI-Ready Memory

> ■nForce 680i SLI > nFroce 680i SLIは、NVIDIA社のIntel製CPU用、最上位チップセットです。 > (中略) > メモリは、 SLI-Ready Memory といわれるメモリのオーバークロック機能があり、 PC2-9600(DDR2-1200) まで対応しています。

> (word)SLI-Ready Memory > NVIDIAとCorsair Memoryが共同で企画したもの。SPD(Serial Presence Detect)を拡張し、コマンドレートやメモリ電圧などの情報をメモリに保持することで、対応マザーボードでオーバークロック機能を実現するもの。

 ((株)ウチダ人材開発センタ著『CompTIA認定資格受験シリーズ A+COMPLETEテキスト IT Technician Desination編』DAI-X出版,p.38、2008.1)

関連ワード : CompTIA A+



A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)
(2008/01)
ウチダ人材開発センタ

商品詳細を見る
FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[HardWare] Fast Memory Access

> ■Intel P965
>  (中略)
>  また、Fast Memory Access機能により、ノースブリッジがCPUなどから生じたメモリアクセスのリクエストを最適化して、メモリアクセスを高効率化できるようになりました。これにより、メモリアクセスの速度が向上しました。

>(word)Fast Memory Access
> 複数のデバイス(CPU、グラフィック、I/O)からのメモリリクエストをうまくリスケジューリングしてメモリに出すことで、効率化を図る仕組み。チップセットが同じ場合でも10%程度性能が向上する。

 ((株)ウチダ人材開発センタ著『CompTIA認定資格受験シリーズ A+COMPLETEテキスト IT Technician Desination編』DAI-X出版,p.35、2008.1)

 初級エンジニア向けの本なので実際Fast Memory Accessがどのように実装されているのかがこれではよくわからないな。

> 【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2006 - Intel 965チップセットファミリーの詳細 (1) Fast Memory Access Technologyでメモリアクセスは最大20%向上 パソコン マイコミジャーナル
> http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/06/10/computex02/

> これは要するに複数のデバイス(CPU・Graphics・I/O)からのメモリリクエストをうまくリスケジューリングしてメモリに出すことで、効率化を図るという仕組みだ

 この記事にはこのようにしか書かれていない。というか、記事は技術の解説をするわけではないのだからアルゴリズムまで言及しないのは当たり前か。


A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)A+COMPLETEテキスト IT Technician D (CompTIA認定資格受験ライブラリー)
(2008/01)
ウチダ人材開発センタ

商品詳細を見る

more...

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

[jhomework-2007-04-24-データベース向け]


 複数のサーバに個別の外部記憶装置を接続する代わりに,ファイバチャネルを用いた SAN 装置を導入することの利点はどれか。

 ア 安価な記憶装置を用いて容易かつ安価に大容量の外部記憶が実現できる。

 イ サーバ間で負荷分散を実現でき,処理要求の増減に柔軟に対応できる。

 ウ サーバや LAN を介さずに,データのバックアップが可能である。

 エ ファイル共有が柔軟に行えるので,異機種サーバでのデータ交換が容易になる。


 この記事は、斉藤末広氏発行『宿題メール』をもとに作成されています。

more...

theme : 情報処理技術者試験
genre : コンピュータ

FC2ブックマーク | この記事をokyuuへインポート | このエントリーを含むはてなブックマーク | ニフティクリップへ追加 | この記事をクリップ! | イザ!ブックマーク | POOKMARK Airlinesに登録する | del.icio.us |
動作未検証 | | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証 | 動作未検証

tag : テクニカルエンジニア(データベース) ソフトウェア開発 テクニカルエンジニア(システム管理) 情報処理

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
いろいろリンクボタン
埋め込みe-Words